今日もKIRARI(きらり)の話題が続きます!
ショールームには、アクリルケースの中にKIRARI(きらり)を種類別にしたサンプル展示品があります。
IMG_1988
それぞれ、種類ごとにアクリルケースの前面に代表のきらりを設置し、1個ずつ点灯が見えるようになっています。
きらりは、下に落下しないように黒い発泡ボードにマジックテープで固定しています。
きらりベルクロ
ところが、ボタン電池式なので、どうしても時間が経つと電池切れになってしまうんです
先日も気が付くと、全てのKIRARI(きらり)が電池切れの状態になっていました
そこで、部長より何とか常時点灯となるように出来ないか、にいさんと考えてほしいとのご指示をいただきました!!

早速、技術のにいさんに相談してみました!
すると、こんな感じでどう?と早くもサンプルを作って見せてくれました!!
IMG_2001
試作で作って頂いた常時点灯のきらりは、充電電池式。
フルパワーの充電でも1年くらいで電池切れになってしまい、電池が弱くなると光りも弱くなるということです。
ですが、通常のボタン電池式と比較すれば、点灯時間は遥かに長いです。
電源式にすれば、電池切れを気にすることがなく常時点灯となりますが、アクリルケースに電源を通すことが出来ないので、作るとしたらボード型となります。
ボード型イメージ2
いろいろ試すのに、きらりを貼り付ける黒い発泡ボードの在庫がないことを伝えると、段ボールに黒のつや消しタイプのスプレーを吹き付けてあっという間に黒い面のボードを作ってくれました!
お仕事、早いです
黒いボード
さて、試作で作っていただいた充電電池式か電源使用のボード型か相談しながら決めたいと思います!!
経過は追ってブログで報告しますね

今週もお疲れ様でした。
来週も元気にブログでお会いしましょう~